ローイングは他のスポーツの補強運動としても有効です。このセクションでは、年間トレーニングの作成方法や、ほかのスポーツとの組み合わせ方について解説します。

  1. 年間を通して行うスポーツのリストを作成し、それぞれの「アクティブ」シーズン(大会出場期間など)を決める。
  2. アクティブシーズンの3か月前に「トレーニング」シーズンを設定する。その競技において、メインの練習期間となる。必要に応じ、長さを変えてよい。
  3. トレーニングシーズンの5か月前に、「陸トレ」シーズンを設定する。特定の競技を行うための、基礎的なトレーニングを行う。
  4. Define the rest of the year for each sport as “Recovery.”

必要なら下記の例を参考にしてください。

単一のスポーツ、複数シーズンの場合

一つのスポーツにおいて、年間複数の大会が設定されている場合(春の大会、秋の大会など)の例です。具体的には、下の表のようになります。

フェーズ 競技
1月 トレーニング ランニング、ローイング
2月
3月
4月 アクティブ
5月 リカバリー
6月 トレーニング
7月
8月
9月 アクティブ
10月 リカバリー
11月 陸トレ
12月

単一のスポーツ、年間1シーズンの場合

年間にアクティブシーズンが1度だけの場合は、下記のようなスケジュールになります。

フェーズ アクティブ
1月 トレーニング トライアスロン、ゴルフ、カヌー
2月
3月
4月 アクティブ
5月
6月
7月 リカバリー
8月 陸トレ
9月
10月
11月
12月

複数スポーツの場合

下記には複数のスポーツに取り組む場合のスケジュール例を示します。この例は秋にレガッタシーズンを、冬にノルディックスキーを、そしてマラソンと陸上を春・夏に行う場合を想定しています。この場合は、それぞれの競技のクロストレーニングを行うことになります。

ローイングフェーズ ランニングフェーズ ルディックスキーフェーズ
1月 リカバリー 陸トレ アクティブ
2月 陸トレ トレーニング
3月
4月 リカバリー
5月 アクティブ 陸トレ
6月
7月 トレーニング
8月 リカバリー
9月 陸トレ
10月 アクティブ トレーニング
11月 リカバリー
12月

各フェーズのトレーニング

  • 陸トレ:長く一定のトレーニングを行います。目的は心肺機能の基礎を向上し、筋肉を目的のスポーツに適応させていくことです。ストレッチやフレキシビリティ、筋トレなどが中心となります。
  • トレーニング:大会に向けて、練習の負荷を上げていきます。大会に必要なレベルで練習を行う期間です。強度を上げた短い時間の練習と、持久力を上げるための長い時間の練習を行います。
  • アクティブ:過度なトレーニングを控え、試合の間のコンディションを整えることに充填を置きます。試合の間隔が空いてしまう場合は、負荷を上げます。
  • リカバリー:このフェーズでは、リラックスしたペースで練習を楽しむことが重要です。ストレッチなどに重点が置かれています。目的のスポーツに応じた運動も、適切なレベルで取り入れます。

トレーニング例

トレーニングを開始する前に、免責事項を必ずお読みください。

目的の競技のトレーニングの一環して、下記のメニューを取り入れてみてください。

  • 40 分、あるいは10000 mを一定のペースで漕ぐ(陸トレ、トレーニングフェーズ)
  • 1分オン1分オフを40分繰り返す(陸トレ、トレーニングフェーズ)
  • 1-2-3-4-3-2-1分を30秒レストを挟んで繰り返す。(トレーニング、アクティブフェーズ)
  • レート18で3分、レート24で2分、レート28で1分。これを30-60分繰り返す。

トレーニングの頻度:リカバリーフェーズに週2-4回。アクティブフェーズに週1-2回 時間:30-60分。

強度、スピードを上げる場合は短く、有酸素運動を目的とした場合は長く。

型と強度:有酸素レベル、強度を上げたインターバルトレーニング、そして試合レベルのトライアルなど、目的に応じ、色々に変えて行う。