心臓病あるいはけがのリハビリが目的である場合は、適切なトレーニングプランをたてるためにも、医師のリハビリの専門家とともにトレーニングする必要があります 。

専門家がついてリハビリを始めたばかりという方は、リハビリの中に「漕ぐ」ことをどのように 取り入れるべきかについて彼らに相談して下さい。

けがが軽傷でご自分でリハビリをされている方は、怪我の具合によっては「漕ぐ」ことはとてもよいリハビリ方法と思われます。 例えば、酷使による足を負傷しているランナーであれば、負傷個所に「漕ぐ」負担をかけずに心臓血管のトレーニングをすることができます。