いかなるフィットネスの器具も利用されなければ意味がありません。 それゆえ、我々が、漕ぐことが、楽しみであり効果的であり価値あるものであるように努めています。 過去15年間、 当社では、漕艇競技者やその他のスポーツ選手から健康促進および減量を目指す人にいたるまで、様々な人たちのために プログラム開発を手がけてきました。 これから始めようとなさる方のために、漕ぐテクニックについて簡単なセクションをご紹介いたします。

初心者への一般的なアドバイス

漕ぐというのはとても自然は動きです。単純な動きの繰り返しなので“上手・下手”の個人差が出にくい運動でもあり、「運動は苦手!」とコンプレックスを持っている人でも安心してトライできます。

トレーニングプログラムはお客様の目的を選択することから始まります。

どうのような目的をお持ちでも、最大の効果が得られるよう、トレーニングの成果をモニターするとともに評価し、必要に応じて再度プログラム選択をし直してください。

トレーニングを始める際、下記のような質問がよく寄せられます。

  1. 初心者の方はダンパー(重さ調節)を" 1" に設定して下さい。 最初は、軽く感じられるかもしれませんが、 動きに慣れ早く漕ぐようになると抵抗を感じるようになります。
  2. トレーニングの前後にはストレッチ運動をするようにしましょう。
  3. 最初の5分間はウォーミングアップのためにゆっくり漕いで下さい。
  4. トレーニング記録を付けてください。カレンダーかコンピューター、ノート等をご使用下さい。
    トレーニング成果を記録するのは価値のあることです。 漕いだ距離、時間などをすべて記録して下さい。
  5. トレーニングパートナーを見つけて下さい。
  6. それにより、トレーニングがより楽しいものとなりこの新しいエクササイズを継続させられる可能性が高まります。
  7. 何日かの休養をとることも忘れないで下さい。